前へ
次へ

遺品整理で注意したいSNSアカウント

個人間のコミュニケーションの一つとしてSNSがあり、携帯電話やメールよりも幅広いコミュニケーションができるときもあります。SNSを利用するにはアカウントが必要で、その人名義のアカウントで情報発信をするときはパスワードなどが必要になります。そのアカウントから発信された情報はその人が発信されたとされ広がりますが、必ずしもその人が発信していないものもあるようです。アカウントが乗っ取られると誰かが知らないうちに誤った情報を発信することもあります。人が亡くなると相続や遺品整理が必要で、その時にパソコン内の情報を確認することがあります。このときにしておきたいのがアカウントの状況で、故人への思いが強いとアカウントをそのまま残していつでも見られるようにするようです。しかし悪意のある人に乗っ取られると故人の意図しない情報を発信される可能性があり名誉棄損される可能性もあります。アカウントが乗っ取られないようにしたりするなども必要になるでしょう。

Page Top