前へ
次へ

遺品整理の時に大量の服があるとき

洋服が好きな人が亡くなった時、タンスやクローゼットに大量の洋服が残されているときがあります。故人が気に入って何度も着たものもあるでしょうし、中には買った状態のまま一度も着ずにしまわれているものもあるでしょう。故人の家族や親族であれば遺品整理をすることがあり大量にある服をどうするかも決めることになります。葬式の場などであれば色々決めることができるでしょうが、まずは話し合いなどをしてじっくり決めていくと良いかも知れません。遺品整理をするときには故人の思い出のものとして残すとき、故人から譲り受けて利用するものとして残すとき、そして処分するものを分けます。故人が生前良く使っていた帽子やメガネなどなら思い出の品として残してかざっておいても良いでしょう。故人と体型の似た人が家族や親族にいるなら気に入ったものを譲ってもらって着続けることもあります。それ以外のものは処分することになりますが、廃棄する以外に売却できる場合もあります。

Page Top