前へ
次へ

遺品整理は想像よりも大変

遺品整理は多くの人が聞き慣れている筈ですが、いざ自分が遺品整理をするとなると大変なことになります。勿論故人が生前に終活などで遺品となる物を事前整理している場合は、遺族の負担は軽減されるので、全てのケースで遺族が大変な状態になる訳ではありません。しかし多くのケースでは亡くなる前に事前整理などをすることなく亡くなってしまいますから、遺族が大量の遺品を整理することになってしまいます。遺品には故人が残した預金通帳や印鑑などの他に手紙や写真なども該当してきます。その他にも故人が生前に着ていた衣類や日用品なども該当してくるので、基本的に故人が使用していた物は殆ど遺品になります。そのため仕分けをするときに、大量の遺品を段ボール箱などに収納していく必要がありますから、遺族だけで作業をしていると、身体への負担も非常に大きいです。遺品には家具や家電も入ってきますから、それらを移動させようとすると腰を痛めてしまうリスクすら存在します。大変な作業を遺族だけでおこなうのは厳しいですから、専門の遺品整理の業者を積極的に活用したほうが安全です。

Page Top